修理・保守 Q & A



Q1:修理が必要? 思ったらどうすればいい?


 A
: 弊社修理(保守)担当までご連絡ください。
   下記内容を弊社修理(保守)担当にお伝えいただけますと、スムーズに対応が
   可能となりますので事前にご確認いただき、お手元にご用意の上ご連絡ください。

 1. システム工番  例 DCAN240001
  (保証書・製品銘板またはポジションコントローラのディスプレイ表示を
   ご参照ください。)

 2. 製品型番     
   例 DM2255AV2/O (保証書・製品銘板をご参照ください)

 3. シリアル番号 
  (保証書・製品銘板またはポジションコントローラのディスプレイ表示を
   ご参照ください。)

 4. 納品日     
  (保証書をご参照ください。)

 5. 問題内容・故障内容・原因と思われる点等をお知らせください。

 
 ●お電話・E-mailからのお問い合わせ先

 
   株式会社デバイス 保守担当宛
  
  
Tel.048-569-2121   
 
  E-mail.sales@deviceco.co.jp
  (メーラーの件名にあらかじめ入っている”WEBサイトからのお問い合わせ"は
   消さずにメールをお送りください。)




Q2:操作中、エラーが表示された場合の対処方法は?


  この対処方法は、ポジションコントローラの型番が、” DT3159AV1/O ” のような
  数字の前に
” DT ” が付いている機種にのみ適用されます。
  ” D ” ” DX ” ” DM ”の付いている機種のエラー対処方法は、異なりますので、
  弊社までお問い合わせください。

  

   DTポジションコントローラ
 

 A: ポジショナやDTコントローラに異常が発生した場合や、誤った操作をした
   場合に、エラーが表示されるとともに警告音がなります。
   エラーが表示されたら以下の対策及び確認を行ってください。

        エラー表示例
       

 ●エラー警告音の解除方法

 1. DTコントローラのBUZZ OFFキーを押すと、警告音が停止します。
   (CPU異常の場合は警告音が停止しない場合があります。)
 2. 電源をOFFにしてDTコントローラを再起動させてください。


 ●エラー1
 (Error 1 No Signal Line エンコーダエラー)が表示された時の対策及び確認事項


   ポジショナの動作命令に対して一定時間エンコーダー信号が入力されないことで
   起こるエラーです。以下の対策及び確認を行ってください。

 1. ポジショナのセンサ側のケーブルは接続されていますか?
 2. DTコントローラのセンサ側のケーブルは接続されていますか?
 3. 位置カウントのセンサ部からケーブルが駆動部に接続されていますか?
 4. DTコントローラのポジション表示の最少桁が、増えたり減ったりと
   ちらついていますか?
 5. パワーOFF後10秒間以上経ってから再度パワーONしてみてください。
 6. ポジショナ側の電源電圧は仕様通りに足りていますか?(光仕様の場合)
 7. 光接続の場合、光ケーブルに傷や曲げ、凹部などはありませんか?
   (通信不良の可能性あり)
 
   以上の確認及び対策をしてもエラー1 が引き続き表示される場合は、
   弊社修理(保守)担当へご連絡くださいますよう、お願いいたします。


 ●エラー2
 (Error 2 Reverse Error 逆起動エラー)が表示された時の対策及び確認事項


   ポジショナの動作命令の方向に対して逆方向のエンコーダー信号が
   入力されたことで起こるエラーです。以下の確認を行ってください。

 1. ポジショナの動作時にわずかでも逆方向に動作する事がありませんか?
 2. AC200V 3相電源の場合は、相が仕様通りになっていますか??
 
   以上の現象が起こっていないのにエラー2が引き続き発生している場合は、
   弊社修理(保守)担当へご連絡くださいますよう、お願いいたします。


 ●エラー3 
 (Error 3 Opt Line OFF ハードリミットエラー 光通信エラー)が表示された
  時の対策及び確認事項


   最大リミット信号と最小リミット信号が同時に発生した時や光ケーブルの通信が
   不通になった時に起こるエラーです。以下の対策及び確認を行ってください。

 1. ポジショナのハードリミットがMIN、MAX共に検出していますか?
 2. リミットセンサ位置に障害物などがありませんか?
 3. 光接続の場合、O/E BOXまたはポジショナ本体の電源は入っていますか?
 4. 光ケーブルは接続されていますか?
 5. エマージェンシースイッチがある場合、スイッチが解除されていますか?

   以上の確認をしても、エラー3が引き続き表示される場合は、弊社修理(保守)
   担当へご連絡くださいますよう、お願いいたします。


 ●エラー4 
 (Error 4  V-H Unfinish V-H動作エラー)が表示された時の対策及び確認事項


   V-H変換が終了しない時に起こるエラーです。
   以下の対策及び確認を行ってください。

 1. ポジショナのセンサ側のケーブルは、接続されていますか?
 2. DTコントローラのセンサ側のケーブルは接続されていますか?
 3. 位置カウントのセンサ部からケーブルが駆動部に接続されていますか?
 4. パワーOFF後10秒間以上経ってから再度パワーONをしてみてください。
 5. ポジショナ側の電源電圧は仕様通りに足りていますか?(光仕様の場合)?
 6. 光接続の場合、光ケーブルに傷や曲げ、凹部などはありませんか?
   (通信不良の可能性あり)
 7. VHセンサ固定金具がずれていたりはそんしていませんか?
 8. VHセンサケーブルに傷や曲げ、凹部などはありませんか?
 9. VHセンサケーブルが駆動部本体に接続されていますか?

   以上の確認及び対策をしてもエラー4が引き続き発生している場合は、
   弊社修理(保守)担当へご連絡くださいますよう、お願いいたします。


 ●エラー10 
 (Error 10 Motor Error ポジショナエラー)が表示された時の対策及び確認事項


   ポジショナのモータが異常になった時に起こるエラーです。
   以下の対策及び確認を行ってください。

 1. エマージェンシースイッチがある場合、スイッチが解除されていますか?
 2. ポジショナの負荷が仕様以上になっていませんか?
 3. パワーOFFした後すぐにパワーONをしていませんか?パワーOFF後5秒間以上
   経ってから再度パワーONをしてみてください。

   以上の確認及び対策をしてもエラー10が引き続き発生している場合は、
   弊社修理(保守)担当へご連絡くださいますよう、お願いいたします。


 ●エラー20 
 (Error 20 Sensor Unknown 原点センサ未検出エラー)が表示された時の
  対策及び確認事項


   回転系(アジマステーブル・ローテーションポジショナ・)の原点センサ付の
   場合、ホームポジション動作を実行中に原点センサを検出しない時に起こる
   エラーです。以下の対策及び確認を行ってください。

 1. ポジショナのセンサ側のケーブルは接続されていますか?
 2. DTコントローラのセンサ側のケーブルは接続されていますか?

   以上の確認をしてもエラー20が引き続き発生している場合は、弊社修理(保守)
   担当へご連絡くださいますよう、お願いいたします。

 ●上記以外 
 (System Error コントローラの内部エラー)が表示された時の対策及び確認事項


 1. DTコントローラの電源電圧は安定していますか?

   以上の確認をしてもエラーが引き続き発生している場合は、弊社修理(保守)
   担当へご連絡くださいますよう、お願いいたします。
 
 ●エラー表示を緊急解除し、ポジショナを一時的に動作させる方法

   
何らかの原因でエラー表示された場合、強制的にエラーを解除し、ポジショナを
   動作させる事ができます。

   対象例 :"E1" ”E2”エラー表示

   手順1 
   POWERスイッチを入れた直後、LEDが点滅している間にLOCALキーを
   5回続けて押します。



   手順2 
   LEDの点滅がそのまま継続し、ディスプレイが下記の2種類の表示を
   繰り返すことを確認します。
   操作が間に合わず通常の表示に戻った場合は、再度”手順1”の操作を行って
   ください。
 
    

   手順3 
   キーを押します。

      または    

   手順4 
   キーを押します。

   初期化される設定は以下の通りです。

   

   手順5 
   エラー解除されました。    キーを押し、通常の表示に戻ります。

   ご注意1  
   エラー表示の緊急解除を行い、ポジショナを動作させることができますが、
   この操作はあくまでも緊急対処です。このまま操作を続けると危険です。
   ポジショナの動きを確認しながら動作させてください。
   そして、早急に弊社にご連絡ください。

   ご注意2  
   ディスプレイ表示は製品により異なります。


   
ご注意3
   この対処方法は、ポジションコントローラの型番が、
” DT3159AV1/O ”
   ような、数字の前に
” DT ” が付いている機種にのみ適用されます。
   ” D ” ” DX ” ” DM ”の付いている機種のエラー対処方法は異なりますので
   弊社までお問い合わせください。



Q3:内部データを工場出荷時の状態に戻すにはどうすればいい?


 A: ” マスターリセット ” を行ってください。
   マスターリセット機能は何らかの原因でソフトリミットやトリガ等の設定や
   表示データに異常が発生した場合、ポジションコントローラの内部データを
   全てクリアして工場出荷時の状態に戻すことができる機能です。

   ご注意
   この対処方法は、ポジションコントローラの型番が、” DT3159AV1/O ”
   ような、数字の前に
” DT ” が付いている機種にのみ適用されます。
   ” D ” ” DX ” ” DM ”の付いている機種のエラー対処方法は、異なりますので、
   弊社までお問い合わせください。

  

  DTポジションコントローラ


 ●マスターリセット機能の操作の仕方

   手順1 
   POWERスイッチを入れて、各LEDが点滅している間にLOCAL(グレーのボタン)
   キーを5回続けて押します。



   手順2 
   ディスプレイが下記の2種類の表示を繰り返すことを確認します。
   操作が間に合わず通常の表示に戻った場合は、再度”手順1”の操作を
   行ってください。
 
    

   手順3 
    キーを押します。

          

   手順4 
    キーを押します。ポジションコントローラが工場出荷時の状態に
   なりました。



   ご注意1  
   2軸のコントローラの場合、マスターリセットをした軸のみ有効となります。
   (もう片方の軸には反映いたしません。)


   ご注意2  
   ディスプレイ表示は製品により異なります。


   ご注意3
   この対処方法は、ポジションコントローラの型番が、
” DT3159AV1/O ”
   ような、数字の前に
” DT ” が付いている機種にのみ適用されます。
   ” D ” ” DX ” ” DM ”の付いている機種のマスターリセットの方法は
   異なりますので弊社までお問い合わせください。



Q4:定期的な保守はなぜ必要?

 A
: 性能維持及び突然の故障を防ぐために必要です。
 
   定期的に保守を行うことにより、お客様のポジショナは整備され、長期に渡り
   安定に稼働が可能になります。また、突然の故障により、お客様の業務に多大な
   影響を与えてしまうリスクも抑えられます。
  (突然の故障で交換部品が発生した場合、在庫がない場合もございますので、時間を
   要する場合がございます。また、納品してからかなりの年数が経過している製品に
   よっては、部品の確保ができない場合もございます※)

   ※保守用性能部品の最低保有期間は納品後8年です。


Q5:保守の実施時期目安は?

 A: 保守は性能維持のため、一年に一度の保守点検を行うことを推奨しております。 
    
   ご使用頻度や部品自体の寿命により、交換が必要になる部品が発生いたします。
   部品交換が必要になる時期は、製品によって異なっております。部品の衰えを
   早めに見つけ対処することで、突然のトラブルを最小限に抑えることができます
   ので、一年に一度のメンテナンスをおすすめしております。
   下記はコントローラと各ポジショナ部品の推奨交換時期です。(ご参考まで)
   保守部品の保証期間は、交換後6ヶ月です。
    
  コントローラ 
交換対象部品 部分 部品故障時の症状 推奨交換時期
バックアップ電池 CPU基板 設定データの消失、正しく表示されない 5年〜
スイッチ 電源を入れるスイッチ 5年〜


  アンテナタワー(暗室用) 
交換対象部品 部分 部品故障時の症状 推奨交換時期
ヘッドシャフト 柱の上部 摩耗による固着、モーターへの負荷が増える 3年〜
フランジ付
スリーブ軸受
柱の上部 摩耗による固着、モーターへの負荷が増える 1年〜
タイミング
ベルト
  断線による動作不能  5年〜 
コロ・
コロシャフト
スライダー部 ガタによる測定精度の低下、モーターへの
負荷が増える 
1年〜 
モータ 駆動部 動作不能 5年〜 
エンコーダ 駆動部  カウントの誤表示  5年〜 


    アンテナタワー(オープンサイト用) 
交換対象部品 部分 部品故障時の症状 推奨交換時期
支線ロープ 柱の上部 ポジショナの転倒 2年〜
ヘッドシャフト 柱の上部 摩耗による固着、モーターへの
負荷が増える
3年〜
フランジ付
スリーブ軸受
柱の上部    1年〜
タイミング
ベルト
   断線によるスライダーの落下 1年〜
コロ・
コロシャフト
スライダー部 ガタによる測定精度の低下、
モーターへの負荷が増える
1年〜
プラボルト スライダー部 スライダー部の故障 3年〜
モータ 駆動部 動作不能 5年〜
エンコーダ 駆動部 カウントの誤表示 5年〜
リミットスイッチ 駆動部  摩耗による固着、モーターへの
負荷が増える
3年〜
ベアリング 駆動部  動作不能、予期せぬ症状 3年〜
制御ケーブル 制御
ケーブル 
動作不能、予期せぬ症状 3年〜


     ターンテーブル(据え置きタイプ) 
交換対象部品 部分 部品故障時の症状 推奨交換時期
ロータリーコネクタ ポジショナ回転部 正しい測定データの
取得が難しくなる
5年〜
コンセント(EUTコンセント)     接触不良 5年〜 
モータ  駆動部 動作不能  5年〜 
エンコーダ 駆動部 カウントの誤表示 5年〜


     ターンテーブル(埋め込みタイプ) 
交換対象部品 部分 部品故障時の症状 推奨交換時期
ロータリーコネクタ ポジショナ回転部 正しい測定データの
取得が難しくなる
5年〜
コンセント(EUTコンセント)     接触不良 5年〜 
アースローラーユニット  ターンテーブル天板円周下  ノイズ発生  2年〜 
アースバネ ターンテーブル天板円周下  ノイズ・異音発生  2年〜
モータ 駆動部 動作不能 5年〜
エンコーダ  駆動部 カウントの誤表示  5年〜


     アジマステーブル・ローテーションポジショナ 
交換対象部品 部分 部品故障時の症状 推奨交換時期
ロータリーコネクタ ポジショナ回転中心部 正しい測定データの
取得が難しくなる
5年〜
モータ 駆動部   動作不能 5年〜 
エンコーダ 駆動部  カウントの誤表示 5年〜 
  
  上記以外の製品の部品交換推奨時期につきましては、弊社営業担当及び保守担当まで
   お問い合わせください。